学校行事 | 体育祭

メッセージ

【実行委員長】野中 健司くん

東山中出身

体育祭のスローガン「飛翔」には、一人一人が自分の役割を果たすことで空を駆けめぐるように活躍して欲しいという願いを込めました。今年は例年よりも準備期間が長いため、完成度をより高くしてもらいたいという思いの反面、準備期間が長いことでみんなのモチベーションが継続できるのかという不安もありました。体育祭までの期間に各団様々な問題が起きたと思います。しかし、団長を中心に問題を解決して日々成長する団の姿が僕の目にははっきりと映りました。その姿を見ると、自分たち実行委員も負けてはいられないという気持ちが強くなり、みんなに満足してもらえる体育祭にしようと準備にも熱が入りました。当日は、天候にも恵まれて最高の状態で体育祭を行うことができました。競技が着々と進んでいく中で、たくさんの人の一生懸命走る姿や勝って喜ぶ表情、負けて悔しがる表情が印象的でした。本当に素晴らしい体育祭でした。 nonaka.jpg
青団団長 上垣内 汰聞くん

中山中出身

今年の青団は「碧嵐昇龍」のスローガンのもとに常に楽しく、明るい雰囲気がある団を作ってきました。今年は練習期間が例年よりも長く丁寧に練習をしたため、予定より遅れることがありました。しかし、サブと団席がコミュニケーションをとり、何とか本番に間に合うことができました。体育祭の応援合戦では、前半2位、後半1位をとることが出来ました。夏休み前から取り組み、長期にわたって頑張ってきた成果だと思います。また、入場行進でも1位を取りました。3年連続この部門で1位を取れたことは誇りです。総合成績では準優勝という結果でした。すごく嬉しかったですが、何よりも皆が頑張れたことが財産です。いろんな面で助けてもらったサブの皆には感謝しています。そして、団席、総務、マスコット、青団の先生方本当にありがとうございました。迷惑をかけてばかりの僕でしたが、青団の団長でよかったです。青団来年も頑張れ!! kamigaito.jpg
黄団団長 澤田 空輝くん

松倉中出身

準備当初は、団席もサブもまとまらず、このままで優勝できるのかと不安を感じていたのを覚えています。しかし、体育祭当日が近づくにつれて団席もサブもまとまっていき、一生懸命頑張ろうという雰囲気になってきました。当日競技で3位をとっても、皆が落ち込むこともなく、励まして楽しみながら応援をしようという団員の姿がありました。皆で楽しんで応援することは、黄団が一つになって戦っていることであり、こんな素晴らしい団の団長を務めることができて幸せだなと感じました。応援合戦では、背中に黄団全員の後押しを感じながら精一杯の演技をすることができました。応援後は、とても清々しい気持ちになりました。団幹部、団席全員の表情も笑顔で思わず涙がこぼれそうでした。総合成績では優勝し、3連覇を達成することができました。黄団のみんな、黄団が優勝できたのは皆のおかげです。来年の4連覇を期待しています。 sawada.jpg
赤団団長 青木 裕太郎くん

中山中出身

今年の赤団は「翔鳳炎舞」というテーマのもと、一人一人が真剣に取り組んできました。取り組む姿勢には、整列を速くすることやきちんとした返事をすることなども含まれます。体育祭の総合順位は3位でした。しかし、サブ、総務、マスコット、団席が一つとなり、最高の応援を作り上げることができたと思います。競技面では、黄団一人一人が最後まで諦めずに頑張っている姿があり、また、それを団席から応援する団員がいました。この光景をみて、団長としてよい団員に恵まれたなと思うと同時に嬉しくて仕方がありませんでした。僕は、青団と黄団の団長とは違った持ち味で団をまとめてきたと思います。赤団にしかない雰囲気を作り上げられたことは自信になりました。体育祭を通して自分自身が大きく変わることができたと思います。これも赤団の皆さんのおかげです。支えられてばかりの団長でしたが、ついてきてくれてありがとう。 aoki.jpg

体育祭 総合成績

みんなでピョン 1位:2年J組(402回) 2位:2年G組(306回) 3位:1年G組(280回)
入場行進 1位: 青  団 2位: 黄  団 3位: 赤  団
マスコット(前半) 1位: 黄  団 2位: 青  団 3位: 赤  団
マスコット(後半) 1位: 黄  団 2位: 青  団 3位: 赤  団
応援合戦(前半) 1位: 赤  団 2位: 青  団 3位: 黄  団
応援合戦(後半) 1位: 青  団 1位: 黄  団 3位: 赤  団
競技成績 1位: 黄  団 2位: 青  団 3位: 赤  団
総合成績 優勝: 黄  団 準優勝: 青  団 第3位: 赤  団

アルバム

アルバム

アルバム

アルバム

アルバム

アルバム

アルバム