学校行事 | 英語ディベート

英語ディベート

高校生英語ディベート岐阜県予選を毎年のように優勝し、全国高校生英語ディベート大会への出場しています!世界大会にも出場を果たしました!
英語ディベートとは?
中学時代に多少の経験があるかも知れませんが、ディベートは裁判をイメージしてもらえれば分かりやすいと思います。つまり検察(肯定)VS 弁護(否定)にわかれて、裁判員(ジャッジ)に判定をしてもらうものです。
例えば弁護士の場合、どのような人間も弁護することが求められます。つまり自分の考えを主張するのでなく、客観的なデータに基づいて論理をまとめ、裁判官に無罪を主張するのがディベートなのです。
ディベートのメリットは?
まず社会人として必要な論理性を身につけることができます。
また現在市民が裁判に参加することが義務づけられているので、ディベートの知識はそこでも非常に役に立つでしょう。医学部などではディベートやディスカッションを入学試験として課す大学が増えています。
高校生の全国大会とはなんですか?
全国の予選会を勝ち抜いたディベーターが集合します。またディベートをやっている多くの学校が有名進学校なので、実際に多くの刺激を仲間達からうけることができます。(昨年の優勝校は灘高校でした!)
どのような活動をしていますか?
特進Iクラスで英語ディベートを行っています。特進Iクラスの英語の授業で9月から12月までの4ヶ月間集中的にディベートの学習をします。また現在昨年全国三位になった3年生から直接指導をうけることもできます。
世界大会について教えてください
世界大会は世界中からあつまった高校生ディベーターが集まり国別にわかれて対抗戦をするものです。もちろん英語が共通の言葉になるので、日本のチームは多少不利な面もありますが、世界中の高校生から刺激をうけ、友情を深めることが出来ました。世界につながっている競技はそれほど多くはないので、非常に貴重な体験でした。ここで世界大会の様子を少しお伝えします。

アルバム

アルバム

アルバム

英語ディベートに取り組んでいる生徒たちに聞いてみました

Q.キャプテンとしてどんな苦労がありましたか。
「試合中、自分の仕事だけでなく、チーム全員と協力するのは大変です。」
Q.大会に向けての気持ちを聞かせてください。
「目標である全国大会出場のために、一つ一つの試合を落とさないよう全力を尽くします。」
Q.チームの雰囲気はどうですか?
「和気あいあいとしていて明るい雰囲気です。」
Q.キャプテンについて一言おねがいします
「キャプテンとして、また、ディフェンススピーカーとして、頼りにしています。大会に向けよろしくお願いします。」
Q.クラスの仲間に対して一言お願いします
「これまでの活動の成果が出せるように四人それぞれが頑張ります。今まで応援してくれてありがとう。最後までよろしくお願いします。」
Q.英語ディベートを目指す後輩たちへメッセージをお願いします
「忙しく大変ですが、やりがいもあるので頑張ってください。」
「ディベートと勉強と両立が大変ですが、他県の高校生と仲良くなれたり、普段とは違う視点で物事を見ることができます。ぜひ、挑戦してみてください。」