クラス案内 | 特進Ⅱクラス

特進II クラスの特徴

部活動の中心メンバーとして活躍しながら進学を目指す

文武両道の生活が育む「力」と「自信」

部活動引退と同時に始まる進学補習でキミの受験勉強が加速する!

 3年生は部活動引退と同時に1時限90分の進学補習がスタートします。

 平日の放課後や土曜日、長期休業中に行われる勉強合宿などで行われる進学補習に参加することによって、大学受験に必要な知識を身につける時間を確保することができます。
 また、基礎的な内容から発展的な内容まで、本校の指導陣が丁寧に教え、塾に通う分までしっかり指導するため、得意教科を伸ばしたい人にも苦手教科を克服したい人にも対応しています。

生徒一人一人に合わせた個別指導が合格への最短コースをナビゲート!

 進路指導経験の豊富な指導陣が中心となって徹底した個別指導を行っています。

 限られた時間のなかで合格を勝ち取る力を身につけるためには、効率のよい対策が求められます。そこで、本校では生徒一人一人が自分の進路目標について指導陣に相談できる体制を整えています。とくに3年次には手厚い個別指導を行っており、各教科の対策はもちろん、進路や受験、面接や小論文、勉強方法へのアドバイスを通して、合格への最短コースをナビゲートします。

スタディサプリの約3000もの講義動画をタブレットを使い自由に視聴できる!

 本校ではタブレットで視聴する講義動画(リクルートのスタディサプリ)を導入しています。タブレットを貸与された特進クラスの受験生たちは、約3000もの講義動画を自由に視聴することができます。そのため、「合格を勝ち取るためには何が必要か」を自ら考えるようになります。また、学校では必要に応じて、どの教室にもWi-Fi環境を作ることができます。さらに、自宅でも視聴できるため、自分の勉強スタイルに合わせて使用することができます。是非、体験してみてください!

諸検定や公務員試験への対策がキミの夢の実現をがっちりサポート!

 英検や数検、漢検などさまざまな検定の取得や公務員を志望する生徒への指導も行っています。

筆記試験の対策はもちろん、面接の練習や小論文の書き方まで、きめ細やかな指導を行います。とくに公務員試験は年々その厳しさを増してきていますが、こういったカリキュラムを通して確かな合格力を養った先輩方は、毎年多くの合格を勝ち取っています。
 積み重ねられた伝統と実績があなたを夢の実現へと導きます。

主な合格先

国公立四年制大学
  • 京都大学・大阪大学・北海道大学・山形大学・筑波大学・東京都立大学 
  • 横浜国立大学・山梨大学・信州大学・新潟大学・上越教育大学・富山大学 
  • 金沢大学・岐阜大学・愛知教育大学・愛知県立大学・愛知県立芸術大学
  • 名古屋工業大学・滋賀大学・京都教育大学・大阪教育大学・神戸市外国語大学 
  • 防衛大学校・防衛医科大学校 他
私立四年制大学
  • 早稲田大学・東京理科大学・明治大学・青山学院大学・中央大学・法政大学 
  • 駒沢大学・北里大学・成蹊大学・芝浦工業大学・津田塾大学・日本体育大学 
  • 國學院大学・愛知学院大学・日本赤十字豊田看護大学・日本福祉大学
  • 藤田医科大学・岐阜聖徳学園大学・京都外国語大学・関西外国語大学 
  • 関西大学・立命館大学・龍谷大学・京都女子大学・近畿大学 他
その他
  • 税務大学校・愛知県職員・岐阜県職員・岐阜県警・財務省・警視庁・東京消防庁
  • JA飛騨厚生連看護専門学校・下呂看護専門学校 他

大阪大学(理)に現役生が合格しました!その他、国公立大学や難関私立大学にも合格者が出ています!

r01-toku2-goukaku.jpg

在校生・卒業生インタビュー

卒業生インタビュー

「勉強と部活動の両方で目標を達成!」

秋田大学 理工学部 機械工学科
(古川中学校出身・陸上部)

mori.png

僕が特進Ⅱクラスを選択した理由は、勉強で国公立大学合格、陸上で東海大会出場という目標があったからです。部活動では、仲間たちと励まし合って切磋琢磨した結果、2年生で目標を達成し、3年生では県1位になることができました。勉強では、明確な目標を持つクラスメイトと一緒に学ぶことで自分の意識が高まり、合格するまで常に目標に向かって頑張ることができました。僕が、2つの目標を達成できたのは、一緒に頑張る仲間とそれを支えてくださる先生方がいたからです。本当に高山西高校を選んでよかったです。

卒業生インタビュー

「全力で夢を追いかけた最高の3年間」

愛知県立大学 外国語学部 英米語学科
(日枝中学校出身・ウインドアンサンブル部)

on.png"

私はウインドアンサンブル部の先輩に憧れてこの学校に入りました。部活では大会に出たり、様々なイベントに参加したりと、多くの経験をさせていただきました。最後のお別れコンサートでは様々な思い出や支えてくださった方々の顔が頭に浮かび、本当に濃い3年間だったと実感しました。勉強との両立は簡単ではありませんでしたが、同じクラスで頑張っている友達と過ごす日々はとても楽しかったです。この高山西高校で、多くの仲間や先生に支えられながら、夢への第一歩を踏み出せて本当によかったと感謝しています。

卒業生インタビュー

「大学受験に向けた手厚いサポート」

京都教育大学 教育学部 数学領域専攻
(松倉中学校出身・男子バスケットボール部)

se.png

私は勉強と部活動を両立したいと思い、高山西高校への入学を決めました。たくさんサポートしていただきましたが、とくに印象に残っているのは受験のときです。朝早くから夜遅くまで受験対策をしてくださる先生、志望校の情報を教えてくださる先生、「頑張っているか」と声をかけてくださる先生など、頼りになる先生方に何度助けられたか。クラスや部活動の仲間も、私の進路を気にかけ、面接練習に付き合ってくれました。私が大学に合格できたのは、これらの方々の支えのおかげです。本当にありがとうございました。

卒業生インタビュー

「私を成長させてくれた高山西高校」

日本赤十字豊田看護大学 看護学部 看護学科
(丹生川中学校出身・卓球部)

na.png

高校入学後に夢を見つけた私は、自分はスタートが遅れているのではないかと不安な気持ちになりました。しかし、先生方は、私たちの様々な疑問にとことん付き合ってくださるだけでなく、生徒の頑張りを認めて熱い言葉をかけてくれました。おかげで、私は受験に必要な力を1つ1つ着実に身に付けていくことができました。志望校に合格できたときの喜びは、これまでの苦しかった時間もすべて必要なものだったのだと自分に教えてくれました。こんなにも素敵な環境で高校生活を過ごせたことに、とても感謝しています。

卒業生インタビュー

「夢を見つけるための特別な場所」

法政大学 スポーツ健康学部 スポーツ健康学科
(松倉中学校出身・硬式野球部)

ya.png

高山西高校における3年間を思い返すと、最初に浮かぶのは、硬式野球部での練習と勉強の日々です。最初は部活動に追われて勉強がおろそかになり、とても文武両道を達成できているとは言えませんでしたが、将来は野球に携わる仕事がしたいという夢があったため、部活動引退後は寝る間を惜しんで勉強することが出来ました。高山西高校は、夢を見つけるための場所であり、その夢をかなえる努力を応援してくれる場所だと思います。ここで学んだことを胸に、私はこれからも、夢をかなえるために走り続けたいと思います

卒業生インタビュー

「勉強と部活動の両立を支えてくれた同志」

大阪大学 理学部 物理学科
(郡上市立白鳥中学校出身・ウインドアンサンブル部)

ma.png

私は高山西高校に入学し、中学2年生から憧れていたウインドアンサンブル部に入部しました。部活動では、全員で大きな目標に向かって努力し、仲間と切磋琢磨することを通して、人間的に成長できたと思います。勉強では、クラスの仲間の頑張る姿を見て、自らを奮い立たせました。同じ悩みを共有する仲間だからこそ、お互いに刺激し合えたのだと思います。とくに部活動引退後はクラスが一丸となって受験勉強に励んでいるようで心強かったです。夢の実現に燃える同志が集まることが、高山西高校の魅力だと思います。

r01-sotsu3.jpg